使い方

ホットワクシングの場合

  1. 滑走面の汚れを取り除く。
  2. ワックスアイロンを90℃に設定する。ワックスペーパーを使用する場合は10℃ほど高めにする。
  3. ワックスを溶かし、スキー・スノーボードの滑走面全体にくまなく伸ばす。作業中はアイロンを一箇所に止めないこと。
  4. 塗り込んだワックスが暖かいうちにスクレーパーで削る。ワックスを室温まで冷ましてからスクレーピングするのも良いですが、まだ暖かいうちにスクレーピングした方が腕への負担は少ないでしょう。
  5. ファイバーテックスで仕上げる。
  6. 何度も色違いのワックスを塗り込んだり削ったりする必要がないので、節約できた時間をゆったりと楽しみましょう。

生塗りの場合*

  1. ワックスを直接擦り付ける。
  2. コルクで押しつけるようにしっかりと擦る。

ホットワキシングの方が効果が長続きします

注意

このワックスはスキー・スノーボード専用です。ワクシング作業は換気の良い場所で行なってください。アイロンの温度はワックスを溶かす際、煙が出ないように調節してください。子供やペットの手が届かない場所に保管してください。食べ物ではありません。誤って目に入った場合は、直ちに水でしっかりと洗い流してください。異変を感じる場合は医師に相談してください。

 

選び方

私たちのワックスは全商品が全雪温対応なので、SUPER HOTSAUCERACING 739とで、 どちらを選ぶかはとても簡単です。いつものような滑りであれば、SUPER HOTSAUCE をお勧めします。生分解性の成分、良質な滑走性、塗り込みやすさなどで、スキー・ スノーボードの操作性を上げてくれます。
 
RACING 739はさらに滑走性が良いですが、高価です。その対価はとして効果は最 長7日間持続しますので、一度塗り込んでしまえばコストパフォーマンスはSUPER HOTSAUCEと大差はありません(そしてより早く滑れるのです!) 友達が他社製品 を使っていたら、とりあえずSUPER HOTSAUCEを。友達がSUPER HOTSAUCE使っているのであれば RACING 739を。
 
さらに言えば、もし最速の滑走性で大会に勝ちたい時はWHITE GOLDを 選択することをお薦めします!